加齢臭

年齢が進むと気になるのが加齢臭ですね。
その名の通り、加齢による臭いで、若いときは臭わなかったにも関わらず、
年を取ることで周囲に不快な臭いをまき散らす厄介な存在でもあります。

ただ、それでも自身で加齢臭に気づくことができればまだ良い方です。
色々と対策を取ることができるわけですからね。問題となるのは、この加齢臭。
自身ではなかなか気づくことが難しい点にあります。

そこで、今回は加齢臭をセルフチェックする方法について紹介したいと思います。
年齢による加齢臭の不安を感じている方はぜひご参考になさってください。

加齢臭のセルフチェックが難しい理由

加齢臭のセルフチェックが難しい理由は、人間の防衛本能にあります。
と言うのは、人間の嗅覚は異変を察知するために備わっている機能ですので、
自身の臭いなどには反応しないようになっているのですね。

これが他人の家の臭いはしても、自分の家の臭いはしない理由でもあります。
つまりは異臭がしたときに、すぐに対応できるように普段の臭いは
できる限り反応しないようになっているわけです。

ゆえに、自身の臭いは、どんなに加齢臭がひどくても気づかないわけです。

加齢臭をセルフチェックする方法

「自身の臭いがしないのであれば、加齢臭をセルフチェックする方法はないのか?」
との疑問を持つ方もいるかも知れませんが、
ご安心ください。方法はあります。

加齢臭が出やすい部分をティッシュで拭き取り臭いを嗅ぐことで判断することができるからです。
出やすい部分は、耳の裏、脇の下、頭皮、胸と言った部位が挙げられます。

一度自身の体から切り離すことで、自身の臭いであっても感じることができるようになるわけですね。
他にも、一日身に付けていた下着を嗅ぐなどの方法でも加齢臭のセルフチェックは行うことができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。自身ではなかなか気づくことが難しい加齢臭ですが、
セルフチェックする方法は、案外簡単なのですね。基本的に30代を過ぎると
意識的にチェックするようにした方が良いでしょう。

加齢臭は免疫力の低下が主な要因として挙げられますから、
加齢と共に臭いを発するようになるのは自然な傾向でもあります。
ゆえに、一定年齢を過ぎた人間は定期的にチェックされることを勧めたいと思います。

昨今はスメルハラスメントなる言葉もありますので、
臭いにより周囲に不快感を与える行為は忌避される対象です。
ゆえに、セルフチェックで状態を確認し、早めの対策が求められるわけですよ。