ワキガ手術

ワキガに悩まれて医療機関に掛かりワキガ手術を受けたにも関わらず、術後臭に悩まれている方もいらっしゃることと思います。

実際、専門家に掛かれば多くが解決する問題ではあるのですが、100%のものであるわけでもないのですね。

結果、術後臭に悩み、深刻になっている方がたくさんいらっしゃるわけです。そこで、今回は原因と対策について説明致しますので、ぜひご参考になさってください。

ワキガ手術が不完全のため術後臭がする

ワキガ手術を受けたにも関わらず術後臭がする原因の一つ目は、手術が不完全であったために起こることが挙げられます。

ワキガ手術は臭いの元であるアポクリン腺の除去が基本となりますが、これの除去が完全ではなかった場合、術後臭がすると言った問題が起こるわけですね。

この場合は、再手術などの対策を取られるのが最善と言えるでしょう。再手術はすぐには行うことができませんが1年程度開ければ行うことができます。ですので、費用は掛かりますが必要以上に深刻になる必要はないでしょう。

無論、最初のワキガ手術を行った医療機関とは別の医療機関を頼むことを推奨致します。

アポクリン腺が再生するため術後臭がする

人間には自然治癒力というものがあり、失われた部分を再生しようとする働きが備わっています。ゆえに、ワキガ手術でアポクリン線除去を行っても一部再生する場合があるのですね。結果、術後臭に悩まされるわけです。

アポクリン線除去が不完全である場合との見分け方は、術後臭が発生する時期により判断できます。ワキガ手術後、すぐに臭う場合はアポクリン線の除去が不完全、しばらくは臭いが抑えられるが一定期間を経過した後にワキガが再発するのが再生です。

当然、この場合は再手術を行っても再度再生する可能性がありますので、一度専門医に相談されるのが良いでしょう。また、こまめな汗の拭き取りや食生活の改善などの他の方法を模索することも並行して検討していくのがベストな判断と言えますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。決して安くない金額を掛けてワキガ手術したにも関わらず、術後臭がするリスクがあるとのことに深刻になっている方もいるかも知れません。

ただ、大抵の方は事前の医療機関の選定により解決することがほとんどです。ですので、必要以上に不安に感じる必要はありません。

まずは丁寧に医療機関を探すこと、これがワキガ手術後の術後臭を防ぐ要因となるでしょう。また、現在はインターネット全盛の時代でもあります。ですので、それほど大きな手間が掛かることもでもありませので、まずはインターネットを使って丁寧に調べられることを強く推奨致します。