ワキガと加齢臭

既にワキガで頭を悩まされているにも関わらず、
さらに加齢による加齢臭にも頭を悩まされる状況になった場合、
非常に深刻な状態になることは想像に難くありません。

ですが、ワキガの人が年齢を経ることで加齢臭も発するようになる事は、
実はそう珍しいことではないのですよね。
加齢臭とは、字の如く加齢により生じるものだからです。
つまり、個人差はあればこそ年を経れば大なり小なり発するものでもあるのですね。

ゆえに、今回はワキガと加齢臭の両方になってしまった場合についての対策を紹介したいと思います。
この二つ、同じ体臭問題ではありますが、原因も違えば対策も異なるのです。
詳細については、順に一つ一つ見ていきましょう。

ワキガの原因

ワキガの原因はアポクリン線から出る汗が大きな要因として挙げられます。
ですので、この汗腺の数が多ければ多いほど、
強い臭いを発すると理解して問題はありません。

ただ、この汗自体には臭いは無く、汗を分解する細菌によって
強い臭いを発することになるのですね。
つまり、汗はワキガの原因ではなく、
汗を分解する雑菌がワキガの原因と言えるのです。

そのため、汗をこまめに拭き取ったりすることで臭いを抑えることが可能ですし、
他にも風通しの良い服を着て雑菌の住みにくい環境にすることでも臭いは抑えることが可能です。

加齢臭の原因

加齢臭の原因はノネナールと言う物質で皮脂から分泌される脂肪酸が分解されたものです。
そして、この脂肪酸が、加齢によりホルモンの働きが低下することで、過酸化されやすくなります。

つまり、若いときはホルモンの働きにより脂肪酸が分解されることを抑えることができますが、
加齢によりホルモンの働きが鈍ると、抑えることが難しくなるわけですね。

結果、男性ならば、特に40代を過ぎたあたりから強い臭いを発するようになります。

ワキガの対策

ワキガの対策法としては、臭いの元となる脇の下や股の部分を常に清潔にすることが挙げられます。
と言うのは、ワキガの臭いの元であるアポクリン線はこの二つの場所、脇の下と股の部分、に集中しているからです。
ゆえに、こまめに汗を拭きとり清潔にすることで臭いを抑えることができるわけです。

また、手術をしてアポクリン線を除去することもできます。
医療機関によっては除去が不完全になる、
また個人差もありますがアポクリン線が再生するなどのリスクもありますが、
大抵の方は費用を掛けることで解決する問題であると言えます。

さらに言えば、診断如何によっては保険適用されることもありますし、
医療機関の精査についても最近ではインターネットを上手く使うことで調べることができます。
つまり、ワキガについては、必要以上に悩まずとも専門機関に頼ることも可能だと言うことです。

加齢臭の対策

加齢臭は基本的には老化による現象とも言えますので、
手術のような方法を取ることは難しいです。
特に、ワキガのように部位が特定されるわけではありませんから、
ワキガのように患部を除去すると言った方法も使えないわけです。

男性ならば男性ホルモンの活動の低下、
女性ならば閉経後のホルモンバランスの乱れなどが原因となりますが、
基本的には抵抗力の低下によるものと言って差し支えありません。

ゆえに、対策としては健康の維持が挙げられるのですね。
バランスのとれた食事や運動、禁煙やお酒を控えるなどの健康維持に
寄与する活動が効果を発揮します。

他にも睡眠をしっかりと取る、
できれば22時~2時の成長ホルモンが分泌される時間帯を中心に
睡眠を取ると言った行動も重要となってくるでしょう。

ワキガと加齢臭の対策法の違い

前項までで、ワキガと加齢臭の原因、
及び対策については説明致しましたので
違いについてはお気づきの方も多いことと思います。

大きな違いは局所的な対策で済むのがワキガで、
全体的な対処が必要となるのが加齢臭と言って良いでしょう。

こまめに汗を拭きとり清潔にすることはワキガと加齢臭、
どちらにおいても重要な対策ではありますが、
脇や股の部分だけで良いワキガと違い、
体全体のケアが必要となるのが加齢臭と言うわけです。

ゆえに、対策としては加齢臭の方が大掛かりとなり手間が掛かると言うことです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
加齢臭とワキガの対策の違いについてはご理解頂けましたでしょうか。
基本的にはワキガは一部の人しか発症しませんが、
加齢臭は誰もが加齢と共に発するものでもあります。
ゆえに、ワキガの人が加齢臭にも悩まされると言ったことは珍しいことではないのですね。

ただ、ワキガの場合は手術も保険適用となるなど医療機関に掛かることができる点は、
加齢臭とは大きく違う点とも言えるでしょう。
ゆえに、ワキガの方は積極的に専門家に相談されることを推奨致します。

さすれば両方に悩まされることはありませんし、
他の方と同様に加齢臭のみの対策で済みますからね。

加齢臭については本項でも触れた通り、
健康の維持が最も大きな効果を発揮することは間違いありませんので、
日々の健康維持に励まれることをお勧めします。